ポスト代表制の政治学

山崎望, 山本圭 編

代表制はその役割を終えたのか?代表制の機能不全が指摘されるなか、代表とデモクラシーをめぐる九つの難題に気鋭の政治学者たちが挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ポスト代表制の政治学に向けて(危機の代表制
  • 代表とデモクラシー
  • 本書の構成)
  • 1 直接民主主義は代表制を超えるのか?(民主主義の政治はどこへ向かうのか?
  • 日本の議会政治と3・11後の民意
  • 一時的自主管理空間の変容、神的暴力としての非暴力の理論 ほか)
  • 2 国境を越える代表は可能か?(現代民主主義の危機
  • 「第三の民主主義」の模索
  • 国境を越える公共圏の理論 ほか)
  • 3 代表制のみが正統性をもつのか?(グローバル化と正当性の揺らぎ
  • 機能的な正統性をめぐって
  • 民主的正統性をめぐって ほか)
  • 4 熟議は代表制を救うか?(熟議民主主義の経験論的展開
  • 社会の個人化と連帯の空洞化
  • 公共の熟議の制度化とミニ・パブリックス ほか)
  • 5 動員は代表制の敵か?(デモクラシーの動員モデル?
  • 参加デモクラシー再訪
  • 不安で不安定なアイデンティティの出現 ほか)
  • 6 宗教と代表制は共存できるか?(宗教的少数派と代表制デモクラシーの問題
  • ヨーロッパのリベラル・デモクラシーと宗教的少数派の代理=表象
  • 世俗主義と宗教的少数派の代理=表象 ほか)
  • 7 民意は代表されるべきか?(代表性統治の弁証
  • 選挙と民意
  • 民意の両義性 ほか)
  • 8 全体を代表することは可能か?(「代表」と「表現」という問題
  • 「國體」と「社会
  • 天皇機関説と天皇主権説、そして民本主義 ほか)
  • 9 真の代表は可能か?(代表制の危機?
  • 一八四八年の危機
  • 同時代人の診断-マルクスとトクヴィル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト代表制の政治学
著作者等 乙部 延剛
五野井 郁夫
山崎 望
山本 圭
山田 陽
川村 覚文
高橋 良輔
高田 宏史
鵜飼 健史
書名ヨミ ポスト ダイヒョウセイ ノ セイジガク : デモクラシー ノ キキ ニ コウシテ
書名別名 デモクラシーの危機に抗して
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2015.3
ページ数 308p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7795-0919-3
NCID BB18210536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22598795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想