ハーバード式脱暗記型思考術

石角友愛 著

高校中退、16歳で単身渡米、ハーバードでMBAを取得し、米国グーグル本社に勤務ののち起業。英語が苦手な普通の女子高生が世界的エリートになり得た理由は、ボーディングスクール(全寮制私立高校)、リベラルアーツ・カレッジや白熱教室で叩き込まれた"徹底的に思考する力"にあった-。本物の成功を目指す人々に贈る、最高峰の思考術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 そもそも勉強するってどういうこと?-答えを教えてくれないアメリカの教師
  • 2 考える、考える、答えは出なくとも考え尽くす-アメリカの学校で徹底される「思考力」の訓練
  • 3 認められるのは議論に勝ってから-知識でなく言葉で勝つ「議論力」を身につける
  • 4 マネジメント能力を10代から問う教育-勉強と大学受験を通して「自分を管理する術」を学ぶ
  • 5 成果主義はすでに始まっている-遊ぶ暇があれば、学生時代から人生経験を増やそう
  • 6 アメリカでは就職後も「勉強」が続く-全米一「働きたい会社」グーグルで働くということ
  • 7 日本の学校で教えてくれない、本当に大切なこと-なぜ世界中の若者がアメリカに勉強しに来るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハーバード式脱暗記型思考術
著作者等 石角 友愛
書名ヨミ ハーバードシキ ダツアンキガタ シコウジュツ
シリーズ名 新潮文庫 い-122-1
出版元 新潮社
刊行年月 2015.3
ページ数 235p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-126751-7
NCID BB18199783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22540906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想