汽車旅の酒

吉田健一 著

旅行をする時は、気が付いて見たら汽車に乗っていたという風でありたいものである-。旅をこよなく愛する文士が美酒と美食を求めて、金沢へ、新潟、酒田へ、そして各地へ。ユーモアに満ち、ダンディズムが光る著者の汽車旅エッセイを初集成。巻末に観世栄夫の逸文を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金沢
  • 金沢、又
  • 金沢、又々
  • 道草
  • 汽車の乗り方
  • 超特急
  • 或る田舎町の魅力
  • 姫路から博多まで
  • 呉の町〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 汽車旅の酒
著作者等 吉田 健一
観世 栄夫
書名ヨミ キシャタビ ノ サケ
シリーズ名 中公文庫 よ5-8
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.2
ページ数 231p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206080-7
NCID BB18191373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想