小学校からの英語教育をどうするか

柳瀬陽介, 小泉清裕 著

間違った方向で進めると、公教育の信頼失墜、格差の固定や疎外感を抱く子どもの増加にもつながりかねない英語教育改革。グローバル化に踊らされず、多言語・多文化社会で本当に必要とされる力を育む授業とはどのようなものか。英語力ではなく、子どもを育てるのだということに立ち返りつつ、小学校から高等教育につながる英語教育のあるべき姿を保護者や教師と一緒に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 英語教育の現状(ことばが身につかない「引用ゲーム」
  • トレーニング中心主義による情感の剥奪
  • 英語指導の実態の理解不足)
  • 第2章 実施計画の危うい基盤(数値目標による管理
  • 客観試験への過信
  • 浅薄な「グローバル化」概念)
  • 第3章 小学校からの英語教育再創造(確かな芽生え
  • 身体実感を信じて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小学校からの英語教育をどうするか
著作者等 小泉 清裕
柳瀬 陽介
書名ヨミ ショウガッコウ カラ ノ エイゴ キョウイク オ ドウスルカ
シリーズ名 岩波ブックレット No.922
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270922-2
NCID BB18185610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想