少年たちの戦争

徳永徹 著

徳永徹、相川賢太郎、田吉正英。長崎で出会い、友情を育んだ三人の少年たちは、いかに戦時下を生き、原爆投下の日を迎えたか-。日記や手紙、同窓会誌『蛍雪の友』といった当時の資料に基づき、「戦争の子」たちの心情を今に伝える回想記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 少年たちの出会い(一九二七‐三九年)
  • 第1章 大東亜戦争の開戦と少年たちの高揚(一九四〇‐四二年)
  • 第2章 戦局の変化と少年たちの進路(一九四三‐四四年)
  • 第3章 死の足音と少年たちの覚悟(一九四五年一‐七月)
  • 第4章 原爆と少年たち(一九四五年八月)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年たちの戦争
著作者等 徳永 徹
書名ヨミ ショウネンタチ ノ センソウ
書名別名 Shonentachi no senso
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061023-0
NCID BB18172958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22550253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想