麦主義者の小説論

佐伯一麦 著

現代日本を代表する作家による、初めての小説論集。「麦主義者」としての作家の出発を促し、また方向づけた十代の読書経験と、上林暁、徳田秋声、志賀直哉、川端康成、太宰治など近代日本の作家たちについて(第1部、第2部)。自分自身を書くことは他者を書くことであるという「私小説」の核心をめぐって(第3部)。著者の小説世界に大きな影響を与えてきた三浦哲郎と古井由吉の文学をめぐって(第4部、第5部)。さらに、ときには反発しながらそれぞれの文学観に学んだ作家たちについて(第6部、第7部)。作家、佐伯一麦の文学はもちろん、日本の近現代文学に親しむための扉としても読める、貴重な本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 麦主義者の出発
  • 2 近代日本の作家たち
  • 3 私小説論
  • 4 三浦哲郎-「私小説」と「私小説家」
  • 5 古井由吉-ガイストの芸術
  • 6 作家の姿形
  • 7 レクイエム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 麦主義者の小説論
著作者等 佐伯 一麦
書名ヨミ ムギ シュギシャ ノ ショウセツロン
書名別名 Mugi shugisha no shosetsuron
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 270,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024901-0
NCID BB18172186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22550254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想