日本文学の大地

中沢新一 著

魅力的な日本文学を生み出した「大地」とは?画期的な文学案内にして、古典と現代思想の豪華な饗宴!自由闊達に、そして軽快に、日本の傑作古典文学の地層の奥ふかくにダイヴし、自然と文化が溶けあう日本人の「心的空間」を描きだす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 源氏物語-権力のポルノグラフィー・「桐壷」より
  • 万葉集-1 背中の後ろを流れる霊/2 越境するポイエーシス/3 ある「終わり」をめぐる歌・天皇の歌、ほか
  • 新古今和歌集-幽玄の神秘主義・「仮名序」ほか
  • 歎異抄-大地に知を棄てる・「第二条」ほか
  • 東海道中膝栗毛-驚異的な軽薄・「初編」より
  • 松尾芭蕉-人間の底を踏み抜く・「奥の細道」ほか
  • 栄花物語-女が歴史を書くということ・「あさみどり」より
  • 日本霊異記-国家を超えるカルマの法則・「下巻・第二十六話」より
  • 蜻蛉日記-リビドーの裏地に描かれた女性文学・「天歴九年」より
  • 雨月物語-「婬」の自然思想・「貧福論」より
  • 太平記-1 イデオロギーとテクノロジーのカオス/2 カタストロフィの予兆・「人見本間討死の事」より
  • 井原西鶴-1 恋する換喩/2 恋愛の純粋構造/3 崩れゆく可能世界・「好色一代男」より
  • 大鏡-道長、擬制の成功・「道長・長徳元年」より
  • 宇治拾遺物語-打ち棄てられ、地を這う「餓鬼」と「聖」・「清徳聖奇特ノ事」より
  • 夜の寝覚-精神分析としての物語・「巻四」より
  • 日本書紀-老獪なる国家建設の書・「推古天皇・十二年」より
  • 近松門左衛門-人形、悲劇の化身「曽根崎心中」より
  • 禅竹-中世的思考の花・「明宿集」より
  • 謡曲江口-菩薩としての遊女・「江口・後場」より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学の大地
著作者等 中沢 新一
書名ヨミ ニホン ブンガク ノ ダイチ
書名別名 Nihon bungaku no daichi
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.2
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-653331-9
NCID BB18170307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22543738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想