少年刑事事件の基礎理論

津田雅也 著

保護優先主義下における少年刑事事件の研究。刑事責任年齢制度、少年に対する刑事処分の選択、少年に対する刑罰の考察を通して、これまで必ずしも十分に議論されてこなかった少年刑事事件の理論的基礎付けを試みる論究の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 少年刑事事件の基礎理論としてのモデル論(わが国における少年刑事事件の基礎理論
  • アメリカにおける少年司法の理論的基礎-少年司法モデル論
  • 少年刑事処分の基礎理論に関する本書の立場)
  • 第2章 刑事責任年齢(日本における刑事責任年齢規定に関する立法過程と学説における議論
  • アメリカにおける刑事責任年齢の意義に関する議論
  • モデル論の見地からの刑事責任年齢制度の意義に関する考察)
  • 第3章 少年事件における刑事処分選択(日本における少年の刑事処分選択に関する議論
  • アメリカにおける少年の刑事処分選択に関する議論
  • モデル論の見地からの刑事処分選択基準に関する考察)
  • 第4章 少年に対する刑罰(問題の所在
  • 日本における少年に対する刑罰の特則
  • アメリカにおける少年に対する刑罰の特則
  • モデル論の見地からの少年に対する刑罰の特則についての考察)
  • 終章 モデル論に基づく少年刑事事件の特則の理論的基礎づけ(少年刑事事件の理論的基礎
  • モデル論に基づく少年刑事事件の理論的基礎づけ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年刑事事件の基礎理論
著作者等 津田 雅也
書名ヨミ ショウネン ケイジ ジケン ノ キソ リロン
シリーズ名 少年法 141
学術選書 141
出版元 信山社
刊行年月 2015.2
ページ数 294,21p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-6741-9
NCID BB18150773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想