水都学  3 (特集東京首都圏水のテリトーリオ)

陣内秀信, 高村雅彦 編

東京が川、掘割、運河などと密接に結びついて開花した水の都であったことが次第にあきらかになってきた。しかし、それを支えていたのは、広大な東京の後背地であった。そこには、湧水、池、用水、掘割など多様な水の姿とそれを取り巻く暮らしと文化があった。後背地の水の自然と文化を含んだテリトーリオの視点から、改めて水の都東京を見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 東京首都圏 水のテリトーリオ(水都学の広がりと可能性-なぜテリトーリオか
  • 源流から解き明かす東京水圏の地域構造
  • 江戸東京と内川廻し-河川舟運からみた地域形成
  • 東京湾を中心とした"海域"
  • 討論 水の視点から首都東京を見直す)
  • 水のテリトーリオを読む(アマルフィ海岸における交易の海と水軍産業の川
  • イタリアにおける都市・地域研究の変遷史-チェントロ・ストリコからテリトーリオへ
  • ヴェネツィアを支えた後背地の河川の役割
  • 荒川水系-筏流しと舟運
  • 音風景史試論-遅野井(善福寺池)を中心として)
  • 水都学ニュース "展覧会紹介"中川船番所資料館特別企画展「行徳・新川と小名木川」
  • 書籍紹介 宮村忠著『川を巡る-「河川塾」講義録』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水都学
著作者等 陣内 秀信
高村 雅彦
書名ヨミ スイトガク
書名別名 Suitogaku
巻冊次 3 (特集東京首都圏水のテリトーリオ)
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.2
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-588-78023-3
NCID BB18150343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22564888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想