国際関係の思想史

芝崎厚士 著

「国際関係を考えること」を考える。これまでの国際関係研究が「見のこしたもの」を正面から見据え、「この世界とは何か」という人間にとっての普遍的な問いをとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「国際関係」を思想する
  • 第1部 国際関係思想の解体法(You ain't goin' nowhere-国際関係論は「動かない」か
  • 国際文化論における二つの文化-方法論的考察)
  • 第2部 日本の国際関係思想(田中耕太郎の国際文化論-「文化的帝国主義」批判の思想と行動
  • 朝永三十郎の国際関係認識-近代日本における"自我・国家・国際関係"の原的形成)
  • 第3部 国際政治学の国際関係思想(そふと・ぱわあ考-国際関係現象としての国際関係研究
  • ケネス・ウォルツ論序説-『人間・国家・戦争』の成立過程を中心に)
  • 第4部 国際関係思想の世界観・人間観("帝国"とマルチチュード-新しい世界の構想
  • 「恐怖」の国際関係論-国際関係研究における人間観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際関係の思想史
著作者等 芝崎 厚士
書名ヨミ コクサイ カンケイ ノ シソウシ : グローバル カンケイ ケンキュウ ノ タメ ニ
書名別名 グローバル関係研究のために

Kokusai kankei no shisoshi
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-022939-5
NCID BB18133898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22553232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想