プラグマティズム入門講義

仲正昌樹 著

パース/ジェイムズ/デューイから、記号論/分析哲学/ネオ・プラグマティズムまで。ポストモダン以降、どう"使える"思想なのか?「アメリカ人特有の実用的で使える」という浅薄な理解を退け、原書を徹底的に読み解きながら、その壮大な世界観とはたして何に「使えるのか?」の核心を、現代思想の第一人者が、本格的に教える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 プラグマティズムの本質-イントロダクション+ジェイムズ『プラグマティズム』を読む1
  • 第2回 プラグマティズムが目指すもの-ジェイムズ『プラグマティズム』を読む2
  • 第3回 「真理」について真剣に考える-ジェイムズ『プラグマティズム』を読む3
  • 第4回 哲学観の変化-デューイ『哲学の改造』を読む1
  • 第5回 哲学本来の役割とは?-デューイ『哲学の改造』を読む2
  • 第6回 未来の思想?-デューイ『哲学の改造』を読む3+ネオ・プラグマティズムとは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラグマティズム入門講義
著作者等 仲正 昌樹
書名ヨミ プラグマティズム ニュウモン コウギ
書名別名 Introductory Lectures on Pragmatism
出版元 作品社
刊行年月 2015.2
ページ数 420p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86182-522-4
NCID BB18127057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22539680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想