熟慮と討議の民主主義理論

柳瀬昇 著

憲法学の見地から現代民主主義理論の潮流を整理し、民主的討議の実践としての討論型世論調査を紹介する。熟慮なしの直感のみで、あるいは一部の市民の強い声だけで、政治が支配されてもよいのか。さまざまな政策課題について国民的議論が求められている今、民主主義的決定の基礎となるべき、十分な情報に基づく市井の人々の熟考された意見を聴取するための方法を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民主主義の原理をめぐる論点整理-憲法学における民主的討議の位置づけ(憲法学における民主主義の原理の扱われ方
  • 民主主義の原理と選挙・議会・政府
  • 民主主義の限界問題としての司法権・違憲審査権)
  • 第2章 討議民主主義理論の新たな展開-実践モデルとしての討論型世論調査の意義と限界(討議民主主義理論の実践への憲法学の関心
  • 討論型世論調査の意義・構造・実践
  • 公共的討議の場の設計をめぐる議論
  • 反事実的な討議的意見と政策決定との距離)
  • 第3章 公共政策をめぐる民主的討議の場の実験的創設-わが国における初めての本格的な討論型世論調査(公的年金制度のあり方をめぐる討論型世論調査の実施準備
  • 公的年金制度のあり方をめぐる世論調査
  • 公共年金制度のあり方をめぐる討論フォーラム
  • 公共的討議の場の実験的創設)
  • 第4章 公共政策の形成への民主的討議の場の実装-エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査(エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査の概要
  • エネルギー・環境の選択肢に関する世論調査
  • エネルギー・環境の選択肢に関する討論フォーラム
  • 政策形成への公共的討議の場の実装)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熟慮と討議の民主主義理論
著作者等 柳瀬 昇
書名ヨミ ジュクリョ ト トウギ ノ ミンシュ シュギ リロン : チョクセツ ミンシュセイ ワ ダイギセイ オ ノリコエラレルカ
書名別名 直接民主制は代議制を乗り越えられるか

Jukuryo to togi no minshu shugi riron
シリーズ名 MINERVA人文・社会科学叢書 203
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.2
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07230-9
NCID BB18124106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22544420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想