静岡県の歴史

本多隆成, 荒木敏夫, 杉橋隆夫, 山本義彦 著

古代から現代まで、地域の歴史を凝縮!通史で読む郷土の歴史。地域での活躍した人物や歴史上の重要事件を、県民の視点で平易に叙述。市町村合併に対応。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 静岡の夜明けと律令体制の成立(三ヶ日人と登呂の人びと
  • 静岡の古代氏族と倭王権 ほか)
  • 2章 地域の武士社会と政権(武士世界の序幕
  • 源頼朝の挙兵と北条氏 ほか)
  • 3章 戦国動乱と天下統一(戦国大名今川氏の台頭
  • 武田氏と徳川氏 ほか)
  • 4章 幕藩制の成立と駿・遠・豆(徳川支配体制の確立
  • 幕藩制下の村と生活 ほか)
  • 5章 幕藩制社会の成熟と解体(藩政の定着
  • 町や村の文化 ほか)
  • 6章 近現代社会の形成と将来(明治維新から日清・日露戦争
  • 大正デモクラシーと地域社会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 静岡県の歴史
著作者等 山本 義彦
本多 隆成
杉橋 隆夫
荒木 敏夫
書名ヨミ シズオカケン ノ レキシ
シリーズ名 県史 22
出版元 山川出版社
刊行年月 2015.1
版表示 第2版
ページ数 310,48p 図版5枚
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-32221-9
NCID BB18094402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22532906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想