感じのよい英語感じのよい日本語

水谷信子 著

日本人の英語はなぜ失礼に開こえるのか?相手を傷つけないことを重んじた消極的な丁寧さということではなく、相手とのよき関係を結ぶための、積極的に相手に近づくことを重視した対人関係表現を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 呼びかけと親愛文末(英語と呼びかけ
  • 英語の呼びかけ ほか)
  • 第2章 「感じのよさ」と場の共有(経験を分かち合う「くる」
  • 感じのよさと補助動詞 ほか)
  • 第3章 話の展開-対話と共話(あいづちはInterruptionか
  • 日本語のあいづちと英語 ほか)
  • 第4章 言語行動の対照(依頼表現の比較
  • 場づくり ほか)
  • 第5章 言語表現と対人関係(個人と家族
  • 家族の間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感じのよい英語感じのよい日本語
著作者等 水谷 信子
書名ヨミ カンジ ノ ヨイ エイゴ カンジ ノ ヨイ ニホンゴ : ニチエイ ヒカク コミュニケーション ノ ブンポウ
書名別名 日英比較コミュニケーションの文法
出版元 くろしお
刊行年月 2015.3
ページ数 138p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87424-644-3
NCID BB18087145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22561126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想