日本の医療格差は9倍

上昌広 著

医者の数は圧倒的な「西高東低」だ。日本の中に生まれた新しい「格差」は、戊辰戦争と明治政府、日本陸軍、そして田中角栄によって歴史的に作られてきた-。なぜ関東に医者は少ないのか?なぜ医学部は西日本に多いのか?なぜ金持ちの子どもしか医者になれないのか?素朴な疑問から、現代社会の「格差」を見出した東京大学医科学研究所特任教授が、日本医療と教育へ提言する。医学部受験生も必読!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 野球と医師と西日本(大学の「売り」は何か?
  • とりあえず「医学部」へ ほか)
  • 第2章 日本「医学部」近現代史(近代化と医学部
  • 京都と徳島は医師が多い ほか)
  • 第3章 大学を見れば「医師不足」がわかる(北海道地方-広大な土地と医師不足
  • 関東地方-医学部進学者は四国の3分の1 ほか)
  • 第4章 「医師不足」時代の医師たちへ(国立がんセンターで学んだこと
  • 医者になるなら地方を目指せ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療格差は9倍
著作者等 上 昌広
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ カクサ ワ キュウバイ : イシ ブソク ノ シンジツ
書名別名 医師不足の真実
シリーズ名 光文社新書 739
出版元 光文社
刊行年月 2015.2
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03842-7
NCID BB18068195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22539606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想