豊臣秀次

藤田恒春 著

織豊政権時代の武将・関白。豊臣秀吉の実姉の子に生まれ、三度目の養家先として跡継ぎのいない秀吉に迎えられる。秀吉から関白職を譲られると、聚楽第にあって学文の奨励や古典蒐集などを行なうが、秀吉に実子秀頼が誕生後、高野山に追放され果てる。妻子を巻き込む惨劇となった「秀次事件」の真相と影響を探り、叔父秀吉に翻弄された生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 生い立ち
  • 第2 三好氏時代
  • 第3 八幡山城主
  • 第4 関白一門として
  • 第5 尾張清須城主
  • 第6 関白就任
  • 第7 太閤と関白
  • 第8 秀次事件の真相とその影響
  • 第9 秀次像の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊臣秀次
著作者等 藤田 恒春
書名ヨミ トヨトミ ヒデツグ
書名別名 Toyotomi hidetsugu
シリーズ名 人物叢書 新装版 / 日本歴史学会 編集 通巻280
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.3
版表示 新装版
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05273-3
NCID BB1805159X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22544525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想