意識の神秘

ジョン・R・サール 著 ; 菅野盾樹 監訳 ; 笹倉明子, 小倉拓也, 佐古仁志, 小林卓也 訳

心・意識は脳科学で解明できるのか。コンピュータとの違いは?デネット、チャーマーズなどとの論争を通じて、「心身問題」を全く新たな角度から捉え直し、意識の問題の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生物学的問題としての意識
  • 第2章 フランシス・クリック、結びつけ問題、そして四〇ヘルツの仮説
  • 第3章 ジェラルド・エーデルマンとリエントラントな写像
  • 第4章 ロジャー・ペンローズ、クルト・ゲーデル、細胞骨格
  • 第5章 否定される意識-ダニエル・デネットによる説明
  • 第6章 デイヴィッド・チャーマーズと意識する心
  • 第7章 イズリアル・ローゼンフィールド、身体イメージ、自己
  • 結論 意識の神秘をどのように意識の問題へと変換するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識の神秘
著作者等 Searle, John R
佐古 仁志
小倉 拓也
小林 卓也
笹倉 明子
菅野 盾樹
サール ジョン・R.
書名ヨミ イシキ ノ シンピ : セイブツガクテキ シゼン シュギ カラ ノ チョウセン
書名別名 THE MYSTERY OF CONSCIOUSNESS

生物学的自然主義からの挑戦

Ishiki no shinpi
出版元 新曜社
刊行年月 2015.2
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1421-8
NCID BB18050972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22540575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想