ベーシック・インカム

原田泰 著

格差拡大と貧困の深刻化が大きな問題となっている日本。だが、巨額の財政赤字に加え、増税にも年金・医療・介護費の削減にも反対論は根強く、社会保障の拡充は難しい。そもそもお金がない人を助けるには、お金を配ればよいのではないか-この単純明快な発想から生まれたのが、すべての人に基礎的な所得を給付するベーシック・インカムである。国民の生活の安心を守るために何ができるのか、国家の役割を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 所得分配と貧困の現実-生活の安心は企業ではなく国家が守るべし(国家が国民の生活を守る以前の時代
  • 自営経済における資本財としての子
  • 雇用が生活の安心を守っていた ほか)
  • 第2章 ベーシック・インカムの思想と対立軸(功利主義の再分配理論
  • リベラリズムの所得再分配理論
  • リバタリアンの所得分配論 ほか)
  • 第3章 ベーシック・インカムは実現できるか(BIは給付と税が一体の制度である
  • 代替財源と考えられるもの
  • 貧しい人々の人数とBIの水準 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベーシック・インカム
著作者等 原田 泰
書名ヨミ ベーシック インカム : コッカ ワ ヒンコン モンダイ オ カイケツ デキルカ
書名別名 国家は貧困問題を解決できるか

Beshikku inkamu
シリーズ名 中公新書 2307
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.2
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102307-0
NCID BB1804454X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22554500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想