帰還兵はなぜ自殺するのか

デイヴィッド・フィンケル 著 ; 古屋美登里 訳

本書に主に登場するのは、アダム・シューマン、トーソロ・アイアティ、ニック・デニーノ、マイケル・エモリー、ジェームズ・ドスターの五人の兵士とその家族。そのうち一人はすでに戦死し、生き残った四人は重い精神的ストレスを負っている。妻たちは、「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語る。戦争で何があったのか、どうしてそうなったのか…。イラク・アフガン戦争から生還した兵士200万のうち、50万人が精神的な傷害を負い、毎年250人超が自殺する。戦争で壊れてしまった男たちとその家族の出口なき苦悩に迫る衝撃のレポート!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帰還兵はなぜ自殺するのか
著作者等 Finkel, David
古屋 美登里
フィンケル デイヴィッド
書名ヨミ キカンヘイ ワ ナゼ ジサツ スル ノカ
書名別名 THANK YOU FOR YOUR SERVICE
シリーズ名 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 1-16
出版元 亜紀書房
刊行年月 2015.2
ページ数 384p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7505-1425-3
NCID BB18032212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22542906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想