新東京文学散歩

野田宇太郎 [著]

「文学散歩」という言葉を創案したのは、野田宇太郎である。東京の文人の辿った跡を丹念に歩き尽くしたこの作品-東京は、近代文学史上に名を刻んだほとんどの文学者の私生活の場でもあった…。近代文学の真実に触れる事、すなわち東京を知る事と考えた著者の、生涯をかけた仕事『新東京文学散歩』は、文学を愛する読者に献げた、文学案内の礎でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 上野・本郷・小石川・お茶の水
  • 日本橋・両国・浅草・深川・築地
  • 中洲・佃島・銀座・日比谷
  • 飯田町・牛込・雑司ケ谷・早稲田・余丁町・大久保
  • 高輪・三田・麻布・麹町

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新東京文学散歩
著作者等 野田 宇太郎
書名ヨミ シン トウキョウ ブンガク サンポ : ウエノ カラ アザブ マデ
書名別名 上野から麻布まで
シリーズ名 講談社文芸文庫 のG1
出版元 講談社
刊行年月 2015.2
ページ数 287p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290260-1
NCID BB18015745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想