地域のなかの軍隊  1

山本 和重【編】

ロシアに近い北海道・東北地方は軍事戦略上重要視され、仙台・旭川・弘前に師団が設置された。それら三都市を中心に、市民生活と軍隊の関わりを描く。徴兵忌避、アイヌの徴兵・召集、災害時の軍隊の役割にも言及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軍都論(第二師団と仙台
  • 第七師団と旭川
  • 第八師団と弘前)
  • 2 軍隊論(北海道の徴兵制
  • 近代北海道のアイヌと徴兵・軍隊
  • 昭和三陸津波と軍隊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域のなかの軍隊
著作者等 中園 裕
伊藤 大介
加藤 宏
小川 正人
山本 和重
平野 友彦
手嶋 泰伸
谷本 晃久
書名ヨミ チイキ ノ ナカ ノ グンタイ
書名別名 北の軍隊と軍都 : 北海道・東北

Chiki no naka no guntai
巻冊次 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.3
ページ数 230,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06473-6
NCID BB18006278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22540576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想