科学の現場

坂井克之 著

ノーベル賞をはじめとする輝かしい成果と、研究不正などの頭の痛い諸問題-。現代科学は、真理を追究する純粋な学問であると同時に、競争、出世、生活、金、権力といった生臭い要素がからみ合う、きわめて「人間的な」営みでもある。個人としての研究者、集団としての研究組織、それを取り巻く社会という三つの視点から、光と影をあわせ持つ生々しい現実を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代科学業界事件簿
  • 第2章 科学とはそもそも何か
  • 第3章 研究者は何を思うのか
  • 第4章 研究者は組織の掟に従う
  • 第5章 社会が変われば科学も変わる
  • 第6章 科学はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学の現場
著作者等 坂井 克之
書名ヨミ カガク ノ ゲンバ : ケンキュウシャ ワ ソコ デ ナニ オ シテ イル ノカ
書名別名 研究者はそこで何をしているのか
シリーズ名 河出ブックス 080
出版元 河出書房新社
刊行年月 2015.2
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62480-8
NCID BB17988970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22539556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想