「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方

浅田直亮, 仲村みなみ 著

"お気楽流"のノウハウで、8日間でシナリオが書ける。60年代後半から2000年代までの代表的な「懐かしドラマ」がお手本。どうしたらいいのか具体的に解説。特別付録・本当に「8日」でシナリオを書いてしまうためのワークシート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "お気楽流"主人公のつくり方
  • 2 主人公を動かす「困ったちゃん」
  • 3 ストーリーを考えるな!
  • 4 とにかく書き始めよう!
  • 5 インパクトある「出だし」から、ぐいぐい引っ張るワザ
  • 6 ハラハラ・ドキドキは、スポーツ中継に学ぼう!
  • 7 パクろう!
  • 8 ラストの戦略
  • 9 いまさらだけど、「シナリオってなんだ?」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方
著作者等 仲村 みなみ
浅田 直亮
書名ヨミ ナツカシ ドラマ ガ オシエテ クレル シナリオ ノ カキカタ
書名別名 Natsukashi dorama ga oshiete kureru shinario no kakikata
シリーズ名 言視舎版
「シナリオ教室」シリーズ
出版元 言視舎
刊行年月 2013.7
版表示 言視舎版
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-905369-66-0
NCID BB1795641X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22284108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想