律令制と正倉院の研究

柳雄太郎 著

律令制における公文書制度、駅伝制、及び正倉院の諸課題に取り組んだ論考を収録。公文書制度に関しては、宣命と詔書、勅符、太政官制、国史の原史料などを追究。駅伝制については、伝制を中心に、律令制前のシステムの継承、伝制の構造、平安初期における再編成を検証。正倉院は、献物帳・出納関係文書と律令制との関連、及び木簡などを考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 律令制と公文書制度(詔書式の成立
  • 勅符式と飛駅式-勅旨式の成立に関連して
  • 太政官における四等官構成
  • 中務省の成立
  • 国分寺建立の詔の成立
  • 太政官奏から見た国史の原史料)
  • 第2部 日本古代の駅伝制(伝の設置および但馬国の駅路
  • 律令伝制の成立と展開
  • 駅伝制の再編成)
  • 第3部 律令制と正倉院(献物帳の基礎的考察-東大寺以下十八ヵ寺への献納経過
  • 東大寺献物帳と検珍財帳
  • 正倉院宝物の出納
  • 献物帳と奉勅
  • 正倉院宝物考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令制と正倉院の研究
著作者等 柳 雄太郎
書名ヨミ リツリョウセイ ト ショウソウイン ノ ケンキュウ
書名別名 Ritsuryosei to shosoin no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.2
ページ数 362,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-04617-6
NCID BB17947306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22536684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想