戦後企業会計史

遠藤博志, 小宮山賢, 逆瀬重郎, 多賀谷充, 橋本尚 編著

戦後から約70年の間に、わが国の制度はどのように変化し、発展してきたのか。1945年8月から2014年6月までの変遷を「会計基準」「監査」「開示」の3者の視点で解明!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 企業会計原則の時代(企業会計原則の制定から会計制度の確立へ
  • 企業会計原則の発展の時代へ ほか)
  • 第2部 会計ビッグバンの時代(ビッグバン前史
  • 会計ビッグバン ほか)
  • 第3部 会計・監査のグローバル化への対応の時代(時代背景と会計制度の特徴
  • IASBとASBJの創設 ほか)
  • 第4部 グローバル化への更なる取組み(会計審中間報告(2009年)以降の日本の動き
  • 監査をめぐる新たな動き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後企業会計史
著作者等 多賀谷 充
小宮山 賢
橋本 尚
逆瀬 重郎
遠藤 博志
書名ヨミ センゴ キギョウ カイケイシ
出版元 中央経済社
刊行年月 2015.2
ページ数 904p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-11401-4
NCID BB17943382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22534075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想