ヒトラーの宣伝兵器

ジェレミー・ハーウッド 著 ; 源田孝 監修 ; 大川紀男 訳

『シグナル』に掲載された記事や写真を現実の戦闘や政治の推移と照らし合わせることにより、ヒトラーとナチス党がいかに自国民を煽りたて、またドイツの敗色が濃厚になるにつれ、いかに国民の眼を現実からそらそうとしていったかが明らかに…わが国で初めて本格的に紹介される宣伝雑誌『シグナル』の誌面を通して、ナチス・ドイツのプロパガンダの内幕に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発祥
  • 電撃戦(ポーランドからノルウェーへ
  • 西部戦線への猛攻
  • ダンケルク
  • 嵐の前の静けさ
  • バトル・オブ・ブリテン)
  • 電撃戦から「バルバロッサ作戦」へ(バルカン半島での戦い
  • 北アフリカの枢軸軍
  • 「バルバロッサ作戦」)
  • ヨーロッパ要塞(アメリカとの戦い
  • カフカスへの進撃
  • スターリングラードをめぐる戦い
  • クルスク以後
  • 第三帝国への爆撃)
  • 神々の黄昏(ノルマンディーからベルリンへ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラーの宣伝兵器
著作者等 Harwood, Jeremy
大川 紀男
源田 孝
ハーウッド ジェレミー
書名ヨミ ヒトラー ノ センデン ヘイキ : プロパガンダシ シグナル ト ダイニジ セカイ タイセン
書名別名 HITLER'S WARTIME MAGAZINE

プロパガンダ誌《シグナル》と第2次世界大戦

Hitora no senden heiki
シリーズ名 シグナル (雑誌)
出版元 悠書館
刊行年月 2015.2
ページ数 225p
大きさ 29cm
ISBN 978-4-903487-99-1
NCID BB17936751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22536649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想