平和のための戦争論

植木千可子 著

「戦争をするか、否か」を決めるのは、私たちの責任になる。日本は、戦後70年を経て、集団的自衛権の行使を容認し、軍事力を使う基準を緩和した。この決断は、私たちに「敵を選ぶ」ことを強いる。救うに値する味方とは誰なのか?価値を守るために敵を殺せるのか?こうした問いへの判断を誤れば、自国の平和を損ね、世界に災禍をもたらすことになる…。本書は、「戦争を防ぐ」という固い信念のもとに、「なぜ戦争が起きるのか」を徹底して現実的に分析する。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないための、全国民必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本人は戦争を選ぶのか?
  • 第1章 世界に訪れる変化のうねり
  • 第2章 日本の安全保障をめぐる環境-なぜ集団的自衛権が必要だと考えられているのか?
  • 第3章 戦争はなぜ起こるのか?どうやって防ぐか?
  • 第4章 抑止力とは何か?
  • 第5章 グレーゾーン事態の危険
  • 第6章 強い軍備の落とし穴-安全保障のジレンマ
  • 第7章 リベラル抑止-戦争が割に合わない世界
  • 第8章 日本の選択

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和のための戦争論
著作者等 植木 千可子
書名ヨミ ヘイワ ノ タメ ノ センソウロン : シュウダンテキ ジエイケン ワ ナニ オ モタラス ノカ
書名別名 集団的自衛権は何をもたらすのか?

Heiwa no tame no sensoron
シリーズ名 ちくま新書 1111
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.2
ページ数 249,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06814-9
NCID BB17929541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想