経済の時代の終焉

井手英策 著

私たちは、人間の多様性や生存の基礎が経済的な価値尺度に掘り崩されていく時代にいる。理不尽さに対する無力感、閉塞感が、先進国の社会全体を覆い尽くそうとしている。なぜ私たちはかくも経済の論理に屈服しようとしているのだろうか。アメリカへの従属、中間層の剥落、福祉国家の動揺、地方財政の破綻など、グローバリズムが日本社会を飲み込んでいく様相を、国際比較をまじえて立体的に描出。私たちが再び経済を飼いならす方途を探究する批判的考察の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 さまよう「公」と「私」
  • 第1章 私たちはどのように新自由主義に飲み込まれたのか?
  • 第2章 なぜ私たちの賃金は下落するのか?
  • 第3章 グローバリゼーションはどのように世界経済を揺るがしたのか?
  • 第4章 なぜ財政危機が問題なのか?
  • 終章 経済の時代の終焉-再分配と互酬のあたらしい同盟

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済の時代の終焉
著作者等 井手 英策
書名ヨミ ケイザイ ノ ジダイ ノ シュウエン
シリーズ名 シリーズ現代経済の展望
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.1
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028731-9
NCID BB17892962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22537695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想