華族たちの昭和史

保阪正康 著

明治はじめに誕生し、敗戦後に廃止された華族という階級は、どのような存在だったのか。公家華族と勲功華族の違い、東條英機の爵位への憧れ、赤化華族事件やスキャンダル、そしてとくに影響力をもった西園寺公望、牧野伸顕、近衛文麿、木戸幸一それぞれの苦脳と選択。華族たちの軌跡を追い昭和史の空白部分をさぐる第六集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • かつて日本に存在した「華族」という階級
  • 近代日本史が凝縮した学習院初等科を訪ねて
  • 乃木、山梨勝之進、軍人出身の歴代学習院院長たち
  • 開戦と敗戦に立ち会った二人の枢密院議長
  • 華族の監督者、宗秩寮総裁・木戸幸一
  • 二・二六事件と木戸の段階的華族廃止計画案
  • 大久保利通、牧野伸顕、吉田茂の系譜
  • 西園寺公望と近衛文麿の暗闘
  • 日米開戦を決定づけた昭和十六年十月十二日の荻外荘会談
  • 「天皇機関説」排撃の先陣をきった貴族院
  • 最後の元老・西園寺公望、坐漁荘での日々
  • 西園寺公望と日本の政治の「死」
  • 東條英機は爵位を欲していたか
  • 二・二六事件と牧野伸顕の決意
  • 牧野伸顕と女婿・吉田茂の闘い
  • 宮中を揺るがした島津治子元女官長不敬事件
  • 赤化華族子弟の秘密組織「ザーリア」
  • 戦時下の貴族院-講話を説く議員たち
  • 敗戦-華族の終焉
  • 華族は皇室の藩屏たり得たか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華族たちの昭和史
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ カゾクタチ ノ ショウワシ
シリーズ名 昭和史の大河を往く 6
中公文庫 6
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.1
ページ数 225p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206064-7
NCID BB17892394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22537279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想