憲法劣化の不経済学

相沢幸悦 著

日本が生き残る道は、周辺諸国の警戒を解き、アジアの経済統合に参加していくことである。日本国憲法の遵守こそ、日本の経済的な国益に適う唯一の選択であることを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-劣化する日本国憲法
  • 第1章 日本の戦争責任・戦後責任
  • 第2章 ドイツの侵略戦争への謝罪
  • 第3章 インフレ阻止のドイツ基本法
  • 第4章 絶好調続いたドイツ経済
  • 第5章 憲法9条の遵守と日本経済
  • エピローグ-アジアの日本をめざす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法劣化の不経済学
著作者等 相沢 幸悦
書名ヨミ ケンポウ レッカ ノ フケイザイガク : ニホン ト ドイツ ノ センゴ カラ カンガエル
書名別名 日本とドイツの戦後から考える

Kenpo rekka no fukeizaigaku
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2015.1
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-2369-3
NCID BB17858498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22534012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想