近江六角氏

新谷和之 編著

[目次]

  • 第1部 近江守護としての展開(近江守護六角氏の研究
  • 戦国期の幕府と守護-近江守護六角氏を素材として
  • 戦国期六角氏権力に関する一考察)
  • 第2部 六角氏の支配構造(戦国大名六角氏と近江の先進性-戦国大名像の再検討
  • 戦国期近江における湖上ネットワーク-佐々木永田氏の場合)
  • 第3部 六角氏権力と地域社会(戦国期六角氏の湖西における訴訟裁定
  • 戦国大名六角氏下の訴訟手続きについて-永禄年間保内・枝村紙荷相論を素材にして
  • 戦国大名六角氏の地域寺院支配と「寺奉行」)
  • 第4部 六角氏権力と城館(観音寺城と中世城郭史
  • 観音正寺と観音寺城跡
  • 小堤城山城・三雲城の縄張り構造と郡境域における六角氏の城郭運営について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近江六角氏
著作者等 新谷 和之
書名ヨミ オウミ ロッカク シ
シリーズ名 シリーズ・中世西国武士の研究 3
出版元 戎光祥
刊行年月 2015.1
ページ数 416p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-144-8
NCID BB17829117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22525232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想