占領空間のなかの文学

日高昭二 著

一九四五年八月の敗戦によって出現し、五二年四月の講和条約発効の時まで継続した占領空間のなかで、人びとはどのような文学的営為を繰り広げていたのか。未曽有の経験の下に紡がれたさまざまなテクストを精緻にたどることから、自由と解放、GHQによる検閲、公職追放、再軍備など、同時代の状況をめぐる人びとの意識の諸相に迫る。占領期文学を知るための画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「占領空間」の文学(痕跡・寓意・差異-占領期小説 一九四五‐一九五二
  • 「占領」のアイロニー-「第三の新人」とファンタジー
  • さまざまな「占領」物語)
  • 2 「帝国」への視野(記憶の「帝国」-井伏鱒二・戦争・徴用
  • 空白の「帝国」-石川淳・文字・占い)
  • 3 「占領」への通路(「座談会」の季節 一九四五‐一九五二
  • 連続する事件/反復する物語-「松川事件」から「風流夢譚」事件まで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領空間のなかの文学
著作者等 日高 昭二
書名ヨミ センリョウ クウカン ノ ナカ ノ ブンガク : コンセキ グウイ サイ
書名別名 痕跡・寓意・差異
シリーズ名 岩波現代全書 052
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.1
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029152-1
NCID BB17823256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22537899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想