原子力・核・放射線事故の世界史

西尾漠 著

広島・長崎原爆から、戦後70年間に起きた事故を総解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 臨界事故相次ぐ-1950年代前期まで
  • 隠される大事故-1950年代後期
  • 冷戦下の核事故-1960年代前期
  • 水爆落下-1960年代後期
  • 日本事故列島-1970年代前期
  • TMI事故への道-1970年代後期
  • ひろがる放射線源被曝-1980年代前期
  • 地球被曝-1980年代後期
  • アジアで事故続発-1990年代前期
  • 核燃料サイクルの悪夢-1990年代後期
  • 老朽化する原発-2000年代前期
  • 自然災害が原発を襲う-2000年代後期
  • メルトダウン-2010年代前期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力・核・放射線事故の世界史
著作者等 西尾 漠
書名ヨミ ゲンシリョク カク ホウシャセン ジコ ノ セカイシ
出版元 七つ森書館
刊行年月 2015.2
ページ数 330p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8228-1524-0
NCID BB17818992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22536448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想