ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう

鈴木貴之 著

哲学最大の難問の一つ、「意識の謎」に挑戦する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 意識のハード・プロブレム-特別な難問
  • 第2章 意識のハード・プロブレムは解決不可能か
  • 第3章 意識の表象理論-もっとも有望な理論
  • 第4章 意識の表象理論の問題点
  • 現在地点の確認
  • 第5章 本来的志向性の自然化-表象とはなにか、もう一度考えてみる
  • 第6章 ミニマルな表象理論-意識と表象の本当の関係
  • 第7章 ギャップを無害化する
  • 結論、または間違いさがしのお願い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう
著作者等 鈴木 貴之
書名ヨミ ボクラ ガ ゲンシ ノ アツマリナラ ナゼ イタミ ヤ カナシミ オ カンジル ノ ダロウ : イシキ ノ ハード プロブレム ニ イドム
書名別名 意識のハード・プロブレムに挑む
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.1
ページ数 279,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-15434-0
NCID BB17817650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22533083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想