宮本武蔵

大倉隆二 著

江戸初期の兵法家。播磨に生まれ新免無二斎に武術を学ぶ。武者修行で諸国を巡り、大坂夏の陣や島原の乱にも出陣。二天一流を開き、姫路や明石で本多家や小笠原家にかかわる。その後小倉を経て熊本に至り、兵法書『五輪書』を執筆。水墨画や書も多く残す。「小倉碑文」などから創られた虚像を解体し、信頼できる史資料から浮かぶ新たな武蔵像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 武蔵の誕生と幼少期
  • 第2 青年期
  • 第3 壮年期
  • 第4 晩年
  • 第5 武蔵の歿後
  • 第6 武蔵の人間像
  • 第7 武蔵の肖像画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本武蔵
著作者等 大倉 隆二
書名ヨミ ミヤモト ムサシ
書名別名 Miyamoto musashi
シリーズ名 人物叢書 新装版 / 日本歴史学会 編集 通巻279
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.2
版表示 新装版
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05272-6
NCID BB17800895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想