ペスタロッチーの幼児教育思想の構築

細井房明 著

[目次]

  • 1 はじめに
  • 2 Vatersinn・Kindersinn思想の展開過程
  • 3 Vater‐und MuttersinnとVater‐und Mutterherz
  • 4 Muttersinnの昂揚
  • 5 Muttersinnの在り方と「母の書」の構想
  • 6 直観思想と術の必要性
  • 7 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペスタロッチーの幼児教育思想の構築
著作者等 細井 房明
書名ヨミ ペスタロッチー ノ ヨウジ キョウイク シソウ ノ コウチク : ハハオヤ キョウイク ノ タメ ノ ショ ノ コウソウ ト チョッカン リロン ノ ホウガ カラ
書名別名 〈母親教育のための書〉の構想と〈直観理論〉の萌芽から
出版元 福村
刊行年月 2015.1
ページ数 229p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-571-11035-1
NCID BB17788825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22518592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想