新・単位がわかると物理がわかる

和田純夫, 大上雅史, 根本和昭 著

科学や技術の進歩により、単位の決め方も変わってきました。質量の単位も「キログラム原器」という時代遅れとも思える人工物による基準から、現代科学の最前線の知識を使った基準に変わろうとしています。これにはプランク定数という、量子力学で登場する基本定数を使います。本書では、そもそもプランク定数とは何か、そして、キログラムはどのように再定義されていくのか等について、量子力学誕生の経緯も含めて易しく解説していきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 単位の役割
  • 長さ、時間、質量の単位の歴史
  • 力と質量の単位
  • 圧力の単位
  • エネルギーと仕事-単位ジュール(J)の話
  • 単位だけでここまでわかる
  • 視覚や聴覚に関係する単位
  • 温度と熱-単位ケルビン(K)とジュール(J)の話
  • 電気関係の単位群
  • プランク定数と新キログラム
  • 自然単位系
  • 放射線関係の単位

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・単位がわかると物理がわかる
著作者等 和田 純夫
大上 雅史
根本 和昭
書名ヨミ シン タンイ ガ ワカルト ブツリ ガ ワカル : エスアイ タンイケイ ノ ナリタチ カラ シゼン タンイケイ マデ
書名別名 SI単位系の成り立ちから自然単位系まで

Shin tan'i ga wakaruto butsuri ga wakaru
シリーズ名 BERET SCIENCE
出版元 ベレ
刊行年月 2014.12
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86064-419-2
NCID BB17750946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想