中華民国の台湾化と中国

浅野和生 編著

複雑で難しい台湾問題。台湾問題を考えるには台湾を正しく理解しなければならない。中華民国の台湾化と台湾の現状を探り、台湾を取り囲む各国の台湾認識を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中華民国の台湾化と中国(中華民国史から見た中華民国の台湾化
  • 民族から見た中華民国の台湾化 ほか)
  • 第2章 李登輝による中華民国の台湾化(大陸政策
  • 民主化 ほか)
  • 第3章 馬英九政権の対中政策-ECFAと両岸サービス貿易協定を中心に(地域経済統合の台頭と台湾の現状
  • ECFA締結の要因とその問題点 ほか)
  • 第4章 自民党「親台派」から見た「日台関係」-「日華」から「日台」へ(中華民国対日外交と日本の親華組織
  • 岸信介政権の対華外交 ほか)
  • 第5章 六大都市選挙に見る「中華民国の台湾化」(六大都市と九合一選挙
  • 九四年の三大首長選挙 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華民国の台湾化と中国
著作者等 浅野 和生
書名ヨミ チュウカ ミンコク ノ タイワンカ ト チュウゴク : タイワン ワ チュウゴク ナノカ
書名別名 台湾は中国なのか?

Chuka minkoku no taiwanka to chugoku
シリーズ名 日台関係研究会叢書 1
出版元 展転社
刊行年月 2014.12
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88656-412-2
NCID BB17742857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22518031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想