ディープ・アクティブラーニング

松下佳代, 京都大学高等教育研究開発推進センター 編著

ディープ・アクティブラーニングを生起するためのカリキュラム、授業、評価、学習環境のヒントを、理論と実践に即して示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ディープ・アクティブラーニングの理論的基盤(アクティブラーニングの現在-アクティブラーニング論から見たディープ・アクティブラーニング
  • 学生の関与の重要性-関与の条件‐大学授業への学生の関与を理解し促すということ
  • 学習対象へのフォーカス-学習の教授学理論に向けて
  • 協同学習と学生の成長-協同による活動性の高い授業づくり‐深い変化成長を実感できる授業をめざして)
  • 第2部 さまざまなフィールドでの試み(初修物理学-理解か、暗記か?‐私たちは正しいことを教えているのか
  • 哲学-コンセプトマップを使った深い学習‐哲学系入門科目での試み
  • 教員養成-意味のある学習を意識した授業デザイン‐教師としての素養を学び磨くというストーリー
  • 歯学-教室と現場をつなぐPBL‐学習としての評価を中心に
  • リーダーシップ教育-新しいリーダーシップ教育とディープ・アクティブラーニング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディープ・アクティブラーニング
著作者等 Barkley, Elizabeth F
Marton, Ference
Mazur, Eric
三津村 正和
京都大学高等教育研究開発推進センター
安永 悟
小野 和宏
日向野 幹也
松下 佳代
森 朋子
溝上 慎一
田口 真奈
関田 一彦
書名ヨミ ディープ アクティブ ラーニング : ダイガク ジュギョウ オ シンカ サセル タメ ニ
書名別名 deep active-learning

deep active-learning : 大学授業を深化させるために

Dipu akutibu raningu
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.1
ページ数 274p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-25101-8
NCID BB17741639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想