名前でよむ天皇の歴史

遠山美都男 著

天皇という称号は、いつ、なぜ誕生し、どのように変遷したのか?和風の名前(和風諡号)から中国風の名前(漢風諡号)へ。天皇ゆかりの地名や建物に由来する名前(追号)を経て、幕末にまた中国風の名前へと戻る変化は何を意味するか。知っているようで知らない、天皇の名前から読み解く、新しい日本の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 天皇はどのように呼ばれてきたか?
  • 第1章 神代の天皇(十五代)
  • 第2章 古墳時代の天皇(十七代)
  • 第3章 飛鳥・奈良時代の天皇(十七代)
  • 第4章 平安時代の天皇(三十二代)
  • 第5章 鎌倉・室町時代の天皇(二十七代)
  • 第6章 戦国・江戸時代の天皇(十八代)
  • エピローグ 天皇の名前から日本史が見える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名前でよむ天皇の歴史
著作者等 遠山 美都男
書名ヨミ ナマエ デ ヨム テンノウ ノ レキシ
シリーズ名 朝日新書 497
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.1
ページ数 293p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273597-3
NCID BB17737777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22526152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想