イスラム国

ロレッタ・ナポリオーニ 著 ; 村井章子 訳

対テロファイナンス専門のエコノミストが放つまったく新しい角度からの「イスラム国」-。多頭型代理戦争の間隙をつき、領土をとり、いち早く経済的自立を達成した「イスラム国」は、テロリストがつくる史上初めての国家となるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中東の地図を塗り替える
  • 序章 「決算報告書」を持つテロ組織
  • 第1章 誰が「イスラム国」を始めたのか?
  • 第2章 中東バトルロワイヤル
  • 第3章 イスラエル建国と何が違うのか?
  • 第4章 スーパーテロリストの捏造
  • 第5章 建国というジハード
  • 第6章 もともとは近代化をめざす思想だった
  • 第7章 モンゴルに侵略された歴史を利用する
  • 第8章 国家たらんとする意志
  • 終章 「アラブの春」の失敗と「イスラム国」の成功

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム国
著作者等 Napoleoni, Loretta
村井 章子
池上 彰
ナポリオーニ ロレッタ
書名ヨミ イスラムコク : テロリスト ガ コッカ オ ツクル トキ
書名別名 THE ISLAMIST PHOENIX

テロリストが国家をつくる時

Isuramukoku
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.1
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390211-1
NCID BB17722587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22525617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想