アインシュタインvs.量子力学

森田邦久 著

アインシュタインは本当にまちがっていたのか!?天才物理学者が生涯をかけてつらぬいた量子力学批判。その意義を問い直し、新たな解釈に挑む。量子力学は不完全なのか。量子力学は実在の世界をとらえているか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典論の危機と量子論の誕生
  • 第1部 量子論の創始者としてのアインシュタイン(アインシュタインによる革命-粒子としての光
  • ボーアによる革命-飛躍する量子
  • アインシュタインによる二度目の革命-因果律の危機)
  • 第2部 量子力学の誕生(量子力学の完成-ついに全貌を見せた新しい力学
  • 不確定性関係の発見-位置と運動量は同時に測定できない
  • 相補性概念の発見-測定装置と対象は切り離せない)
  • 第3部 量子力学の反対者としてのアインシュタイン(可動式二重スリットの思考実験-不確定性関係は成り立っているか
  • 光子箱の思考実験-相互作用なしで測定は可能か
  • FPRの思考実験その1-量子力学は完全か
  • FPRの思考実験その2-自然界に非局所性はあるのか)
  • 第4部 アインシュタインはまちがっていたのか(多世界解釈と軌跡解釈-量子力学の解釈のさまざまな試み
  • 時間対称的な解釈-過去と未来が現在を決める)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインvs.量子力学
著作者等 森田 邦久
書名ヨミ アインシュタイン ヴイエス リョウシ リキガク : ミクロ セカイ ノ ジツザイ オ メグル シレツ ナ チテキ バトル
書名別名 ミクロ世界の実在をめぐる熾烈な知的バトル
出版元 化学同人
刊行年月 2015.1
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7598-1594-8
NCID BB17722474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22615615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想