中国古代の貨幣

柿沼陽平 著

人間の貨幣への欲望はいつ生じたのか。中国古代の出土資料から貨幣の起源を探り、秦漢帝国が「貨幣統一」をめざした真相に迫る。人びとの日常生活から、貨幣の社会的意味を解き明かし、現代貨幣の意義をも照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国古代貨幣の世界へ-プロローグ
  • 貨幣と国家(中国貨幣史の源流
  • 半両銭の形とその意味
  • 戦国秦と半両銭
  • 帝国貨幣の胎動)
  • 競合する貨幣たち(戦国秦漢時代の物価制度
  • 価格競争のゆくえ
  • 複数貨幣の共存と競存
  • 並存する経済圏
  • 中国古代の市場で買う)
  • 人びとをつなぐ貨幣(生計と日常
  • 富貴を欲し、貧賎を悪む
  • 買物帰りの風景
  • 交換の原理と場
  • 貨幣と贈与の作法)
  • 中国古代貨幣の特殊性-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国古代の貨幣
著作者等 柿沼 陽平
書名ヨミ チュウゴク コダイ ノ カヘイ : オカネ オ メグル ヒトビト ト クラシ
書名別名 お金をめぐる人びとと暮らし
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 395
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.2
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05795-0
NCID BB17704020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22531703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想