東国から読み解く古墳時代

若狭徹 著

列島全体が巨大な前方後円墳造りに熱中した時代、人々はいかに暮らしたか。東国の中心だった上毛野地域を軸に、王権の動向と併せて描く。集落・耕地・手工業などの視点で社会システムに迫り、地方から古墳時代を展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古墳から古墳時代社会へ-プロローグ
  • 古墳時代のムラをあるく(姿をあらわした五・六世紀のムラ
  • 集落での暮らしぶり
  • 黒井峯遺跡をとりまく社会)
  • 地域開発と渡来人(古墳時代の渡来人と渡来文物
  • 上毛野の渡来人たち
  • 渡来人が果たした役割
  • 地方豪族の対外活動と渡来人)
  • 首長による地域経営と農業政策(経営拠点としての首長居館
  • 首長の地域開発
  • 水田経営と用水権
  • 手工業を興す首長)
  • モニュメントとしての前方後円墳(前方後円墳の実像
  • 人物埴輪は語る
  • 前方後円墳にみる共立と小地域経営)
  • 古墳時代首長の資質-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東国から読み解く古墳時代
著作者等 若狭 徹
書名ヨミ トウゴク カラ ヨミトク コフン ジダイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 394
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.2
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05794-3
NCID BB17703389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想