平安朝皇位継承の闇

倉本一宏 著

嵯峨天皇と皇位を巡って争乱を起こしたとされる平城天皇。宮中で殺人事件を起こして廃位されたとされる陽成天皇。神器を見ようとしたなど異常な行動が多かったとされる冷泉天皇。好色で奇矯な行動があったとされる花山天皇-。皇位を追われた天皇たちの説話を彩る奇行と暴虐、そして狂気に秘められた真実とは。皇統の謎と錯綜する政治状況を丁寧に繙き、正史では語られることがなかった平安朝の皇位継承の光と影に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 武烈天皇の暴虐と新王朝
  • 第1章 平城天皇と「薬子の変」(平城天皇の治世と「薬子の変」の実態
  • 嵯峨皇統の確立と平安定都)
  • 第2章 陽成天皇の行状説話(陽成天皇の人物像と退位
  • 陽成天皇の行状説話
  • 光孝・宇多皇統の確立と初期摂関政治の確立)
  • 第3章 冷泉天皇の「狂気」説話(冷泉天皇の人物像と退位
  • 冷泉天皇の「狂気」説話
  • 両統迭立と後期摂関政治の開始)
  • 第4章 花山天皇の「狂気」説話(花山天皇の人物像と退位
  • 花山天皇の「狂気」説話
  • 円融皇統と摂関家の確立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安朝皇位継承の闇
著作者等 倉本 一宏
書名ヨミ ヘイアンチョウ コウイ ケイショウ ノ ヤミ
書名別名 Heiancho koi keisho no yami
シリーズ名 角川選書 550
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.12
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703550-8
NCID BB17589341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22521592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想