イスラム潮流と日本

宮田律 著

「イスラム国」に世界中の若者たちが向かうのはなぜか?欧米の「二重基準」と「不正義」に反発する若者たちに内在する疎外感。中東イスラム問題の専門家、国際政治学者として「報道ステーション」出演でも知られる著者が、長年にわたる中東イスラム研究から描くアメリカのイスラム政策の挫折、ガザ問題に見られるイスラエル国家の本質、混迷する中東情勢、ウクライナ情勢が与えた中東世界への影響、イスラム世界と日本の関わり、国際政治の舞台裏を歴史的考察をふまえ論考する緊急出版の書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカのイスラム政策の挫折
  • 第2章 ガザ問題に見られるイスラエル国家=シオニズムの矛盾
  • 第3章 いよいよ混沌とする中東イスラム世界
  • 第4章 ウクライナ情勢をめぐるムスリムたち
  • 第5章 イスラム世界の愛の情感
  • 第6章 日本とイスラム世界のヒューマニティ
  • 第7章 二〇一四年ガザ攻撃をめぐる親日の輪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム潮流と日本
著作者等 宮田 律
書名ヨミ イスラム チョウリュウ ト ニホン
シリーズ名 イースト新書 044
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2014.12
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7816-5044-9
NCID BB17576124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22513694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想