プラトンの認識論とコスモロジー

藤澤令夫 著

[目次]

  • 1 前史
  • 2 コスモロジーの基盤整備
  • 3 最大の反省事項としてのイデア論-『パルメニデス』で何が行なわれたのか
  • 4 新たなる出発-『テアイテトス』(第一部)を読み解く
  • 5 コスモロジーへの集成(講義ノートより)
  • 6 後史-アリストテレスによる批判とその後(講義ノートより)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンの認識論とコスモロジー
著作者等 藤沢 令夫
藤澤 令夫
書名ヨミ プラトン ノ ニンシキロン ト コスモロジー : ニンゲン ノ セカイ カイシャクシ オ カエリミテ
書名別名 人間の世界解釈史を省みて

Puraton no ninshikiron to kosumoroji
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.12
ページ数 402,18p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024700-9
NCID BB1757103X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22526180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想