金融政策の死

野口悠紀雄 著

金利は、経済を理解するための最強の武器である!量的金融緩和は効果がなく、むしろ有害だ。日本の経済政策は誤った考えに立脚している。金利を手がかりに経済問題の本質を解き明かし、通説の誤謬を突く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ金利を問題とするか
  • 第1部 金利は経済を理解する最強力の武器(金利は異時点間の価格
  • 金利に関する裁定式
  • 資産価格と金利)
  • 第2部 金利の低下が世界経済を変えた(1990年代以降の金利大低下
  • 世界的金融緩和でバブルが続発
  • 財政ファイナンスが辿る危険な道
  • 金利への無理解が生んだ年金制度の大失敗)
  • マクロ経済政策の限界と構造政策の必要性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融政策の死
著作者等 野口 悠紀雄
書名ヨミ キンユウ セイサク ノ シ : キンリ デ ミル セカイ ト ニホン ノ ケイザイ
書名別名 金利で見る世界と日本の経済
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.12
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35623-1
NCID BB17553242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22521303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想