エボラvs人類終わりなき戦い

岡田晴恵 著

2014年、世界はエボラ出血熱の恐怖に震撼した。リベリアでの大流行を経たエボラウイルスはスペイン、アメリカなど先進国にも飛び火。なぜ、アフリカの風土病にすぎなかったエボラは大陸を越えたのか。エボラはもちろんデング熱、強毒型インフルエンザなど迫りくる新しい感染症の実態、感染症の文明史、そこで自らの身をどう護るかまでを、スペシャリストが徹底的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 2014年・世界が震えたアウトブレイク
  • 第2章 エボラ出血熱とはいかなる病気なのか
  • 第3章 人間界にエボラウイルスがやってきた日
  • 第4章 21世紀に感染症が大流行する理由
  • 第5章 感染症の歴史が人類に教えてくれること
  • 第6章 シミュレーション エボラが日本に上陸したら

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エボラvs人類終わりなき戦い
著作者等 岡田 晴恵
書名ヨミ エボラ ヴイエス ジンルイ オワリ ナキ タタカイ : ナゼ ニジュウイッセイキ ニワ カンセンショウ ガ ダイリュウコウ スル ノカ
書名別名 なぜ二十一世紀には感染症が大流行するのか
シリーズ名 PHP新書 963
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.1
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82362-1
NCID BB1753981X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22522425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想