武士の奉公本音と建前

高野信治 著

平和の続く江戸時代、戦功をあげる機会がなくなり「役人」として生きることになった武士たち。上司に取り入り出世を勝ち取る者、保身や人間関係に配慮する者など、したたかに生きようとした彼らの「働く思い」を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦功をあげられない武士たちの働く思い-プロローグ
  • 家臣の立ち位置
  • 慎みとやる気
  • 人事の要件
  • 人と金
  • 思いを記す家臣たち
  • 武士の欲求膨張とコントロール-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士の奉公本音と建前
著作者等 高野 信治
書名ヨミ ブシ ノ ホウコウ ホンネ ト タテマエ : エド ジダイ ノ シュッセ ト ショセイジュツ
書名別名 江戸時代の出世と処世術
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 393
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.1
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05793-6
NCID BB17526942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22519677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想